お得なクレジットカードは誰でも持てるわけではない

これまで紹介してきたように、クレジットカードとはあらゆる意味でお得なものです。こんなにもお得なものなので、当然誰でも持てるわけではありません。クレジットカードに入会するには、必ず審査を受けなければいけません。信用のおけない人に審査を通過できず、クレジットカードを持てません。これは人間として信用できないという意味ではありません。

クレジットカードにおいての信用は経済的、金銭的な信用、つまり支払い能力のことになります。世界初のクレジットカードはダイナースクラブといわれていますが、この創設者の一人がレストランで食事をしたときに、財布を忘れたことがクレジットカードのアイデアにつながったという逸話があります。

つまり財布を持ち歩かなくても支払い能力を証明できるものが、クレジットカードなのです。そしてだからこそ、お得な特典をたくさん付けてもカード会社は損しないわけです。

日本ではクレジットカードは借金と考える人が多いですが、アメリカとは正反対の考え方です。日本のクレジットカード利用率が低いのもそうした意識が根底にあるからでしょう。そもそも借金も信用がなければできないことですが、日本では、金貸し=高利貸しのイメージが強すぎるのでしょう。

確かにクレジットカードは使い方次第で身を滅ぼすものになりかねません。しかし、ちゃんと使えばとてもお得で役立つものになります。結局は使い方次第になるので、お得な使い方についての知識を蓄えて、正しく使うことが大切です。